NPOSUNNY サポートチーム(サニサポ)は、がんと向き合う女性に寄り添いたいという想いで
2020年から活動しています。

私たちの思い
2人にひとりが罹患すると言われているがん。
でも、今、がんは治る病気になってきています。

とは言え、診断前後には、待ち受ける困難への大きな、大きな不安が膨れ上がります。
そして治療の際には、さまざまな決断が必要となり多くの変化も訪れます。

そんな時、共に居てくれる仲間の存在があれば。
気持ちや容姿の変化に専門的に寄り添う私たちメンバーや治療中の方とも繋がるコミュニティで
お困りごとの解決の糸口を、一緒に見つけることができたら・・・
という想いで活動を始めました。


がん(病気)になっても、ネットの情報だけでなく、
地域で活動する私たち(資格者を含む)や患者さん同士での交流を通じて、
自分らしくあることができるよう、勉強会のような繋がりをつくる会を開催して
地域で元気に活動できる場を提供します。

NPO SUNNYサポートチームの活動
☆自宅で使えるケア帽子作り

 ガン治療には、さまざまな変化が伴います。
その中でも、抗がん剤の副作用による外見の変化は心への影響が非常に大きいです。
そこで私たちは、治療中の方の心身のサポートに役立つことを願って
「サニサポつくるん♪オリジナルケア帽子」を製作しています。

☆おしゃべり会の開催

「同じような体験をしている方と話がしたい。」「情報がもっと欲しい。」という声から
皆さんの出逢いの場の人るに慣れたら、と考えおしゃべり会を開催しています。
 みんなでゆっくりお話ししましょう。
心の中にある色々な思いをはきだしてみませんか。話を聞くだけでも大丈夫。
仲間が力を貸してくれることもありますよ。

『おしゃべり会ぷらす+』として様々な講師をお招きする会も開催しています。

☆アピアランス(外見)に関する相談

 がん治療中でも、多くの方が仕事との両立を試みます。
私たちは、その際の外見に関する悩みや疑問を気軽に相談できる場所がないのが現状です。
メンバーには、
ガンサバイバー(患者会元代表)・医療用ウィッグの相談ができる美容師
看護師・保健師・社会福祉士、両立支援コーディネーター等がおります。
各メンバーが強みを活かし、
協働しながらがんに向き合う方へのサポートを提供しています。

団体からのお知らせ

2024年2月13日  第9回サニサポおしゃべり会ぷらすのご案内
2024年1月31日  第8回 サニサポおしゃべり会+ぷらすを開催しました。(2024年1月30日(火))
2024年1月20日  第8回サニサポおしゃべり会、新聞に掲載していただきました。 

ページの
先頭へ戻る

© 一宮市All rights Reserved.