特に文科系の人々(文明系、例えばラプラス変換、Z変換等の有益な知識と接点が少ない人々)に対して、郷土史の研究を介して文科系と文明系の融合を図り、情報収集能力不足・戦略立案能力不足・実践行動能力不足を解決して、岐路において常に最善の選択をするとともに、最善である事を明示できる地域社会になることを目指しています。

これからは、天災の郷土史を元に、災害の研究。知の偉業「有隣舎」を元に、知の研究。文明の偉業・・・郷土の偉人鷲津久一郎先生の「有限要素法」を元に、文明の研究他。今までは、月1回第二水曜日の夜に集まり、約1時間の研究。年1回、関連する方面へ調査。過去2回、他の郷土史研究家の方々と交流・情報交換他。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.