どんなハンディがあっても、ありのまま自分らしく当たり前に地域で生活していくために、地域の皆さんと支え合いながら安心して暮らしていける社会を目指して活動していきます。
そのために、<しょうがい>への理解が得られる啓発活動や交流活動、また、福祉課の方々と懇談会を通して問題を解決していけるような具体的な提案等も伝えていきます。

ハンディのあるお子さんを育ててみえる保護者や支援者の方に様々な子育ての悩みを共有しあう場所として「おもいをつたえあう場・まんまる」を毎月2回開催しています。
年に2~3回福祉課の方々と懇談会をし、様々な問題について、保護者の立場から提言していきます。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.