幼稚園のサッカー巡回指導を中心に活動しています。園児は神経系の発達が著しい時期なので、この時期に色々な動作をすることにより、多くの神経経路をスムーズに発達させ、それが将来様々な運動を行うことへの良いきっかけとなります。
指導者は日本サッカー協会の公認ライセンスを所持しており、このような専門知識を持っています。
子どもたちがサッカーを通じて、高い運動能力、ボールへの対応、そしてチームスポーツの一番の特性である協調性を学んで、仲間を思いやって物事に全力を尽くすことができるようになることを望んでいます。

各園を年1回ずつ訪問し、60分間のサッカー教室を行います。その内容は子どもたちの発育発達に応じてボールを使わずに行う神経系を刺激する動き作りやボールを使った動き作り、またボールフィーリング(ボールを扱う感覚)を養う練習を行っています。
最後に試合も行い、みんなで協力すること、相手や味方を尊重すること、ルールを守るなど、チームスポーツだからこそ学べることも指導しています。その際に子どもたちには楽しんでプレーしてもらうことと、安全面への配慮を特に気をつけて指導を行っています。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.