【目指す地域社会】
 地域の中で『日本文化』が日常生活に取り込まれ、次世代に受け継がれていくことを目指す。それらを日本人の誇りとし市民全体で積極的に動くことで、地域の活性化を図る。
日常的に着物に触れる・邦楽の楽器に触れる・そういったイベントや演奏会に気軽に足を運んで頂けるようになれば、日本文化を『文化として残す』ための動きをする必要がなくなっていくように思う。

【地域課題】
 一宮地域には雅楽を身近なものとして関心を持ってもらうという取り組みに乏しく、故に広く知られる・興味を持って貰いづらいという課題がある。

【事業実施による効果】
『雅楽は敷居の高い高尚なもの』というイメージが払拭され、他の日本文化にも興味を持ってもらえるような糸口になり得る。

・雅楽の演奏を見る・聞く機会が少ないので、間近に見て貰える機会を増やす。
・初めて雅楽に接する人が多いので、分かりやすい説明を心がける。
・小学生・中学生向けに演奏会をする

・食事会・結婚式での演奏
・神社・お寺での式楽演奏

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.