私自身が身体障がい者で、現在は心理カウンセラーをしていますが、以前は18年間ほど一般企業に就職しており、その中で「いじめ」「差別」「障がいに対する理解」などを経験してきました。その経験から障がいを持つ方に少しでも力になれたらと協会を立ち上げました。
 障がいを持つ方の就職は難しいところがあり、企業の障がいに対する理解が得られないことも多々あります。障がいを持つ方に求職の仕方を教えたり、面接の際のアドバイスをしたりして、少しずつでも就職率を増やし、離職率を減らすことが目的です。

基本的には無償で以下のような活動をします。
・ハローワークでの求職方法のアドバイス
・就職面接の際のアドバイス
・就職してからの働く姿勢や他の従業員とのコミュニケーションの仕方等のアドバイス
・美容室やエステサロン、喫茶店などでの職業訓練
・年に一回、ハローワークで障がい者の方の求職数の確認

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.