普段、直接生の音楽に触れる機会が少ない子ども達が、奏者と近い距離で演奏を聴き、体感することで美的情操を豊かにし、その後の成長における糧となること。それにより、地域の文化基盤が高まることを目的とする。

演奏家が子ども達のもとへ出向き、近い距離で演奏する。ただ一方的に聴いてもらう形ではなく、参加型の企画、ワークショップ、会話などを織り交ぜ、子ども達とコミュニケーションがとれるプログラムを組み立てる。また、演奏家と実施場所を繋げるコーディネイトの役割も担う。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.