〇昭和30~40年代に全国から一宮に集団就職として働きにきた若者が、繊維産業、一宮の地域経済
 を盛り立ててくれた主役であった。以来、故郷に帰ったり、他の都市に移動した者も半世紀近くを経て、時には、若い頃働いていた一宮の町や景色、仲間を懐かしく思うのが人情である。この元若者たちと今の未来の一宮を結びつける窓口となる役割を果たし、繊維産業、一宮の地域経済を盛り立ててくれた功績に応えたい。

〇HPによる一宮の町や代表的な風景の提供
〇元若者たちからの懐かしい意景色のリクエストと画像の提供
〇当時の仲間との対話や同窓会の開催情報の発信

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.