・テーマを決めた集会(定員30人ほど)を9回行ってきました。「食物アレルギー」「一宮の学校給食」「他の地域の学校給食から学んで」など ・一宮の学校給食調理場を見学し交流しました。(北部調理場を2回) ・給食研究家 吉原ひろ子講習会におよそ100名の参加がありました。市教育委員会の講演の後援を受け、市広報にも紹介されました。FM一宮で講演会の宣伝をしました。 ・請願署名に取り組みました。(3回、直近では、自校方式による手作り給食を求める請願に7479筆)

一宮市民、特に毎日の学校給食を食べている子どもたち、保護者、先生方、及び学校給食に携わる方たちに、学校給食について知ったり、学んだりした情報を発信して、おいしくて、安心・安全な学校給食の現実を目指し。食育を通しての一宮の子どもたちの健全な育成を願って活動しています。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.