発達障がいのある中学生・高校生が学ぶNPOが設立する父母立の学園です。(1)一人ひとりの子どもの必要に応じ、真の学力を高め、わかる喜びを知り、学ぶ楽しさを知ることができる教育。(2)互いの人格を認め合い、障がいを理解しあい、より高い人間性をめざす教育。(3)子ども、父母、教職員が手をつなぎ、みんなで運営する学園。以上を理念として活動しています。

「自分らしく学びたい」「友だちがほしい」という子どもたちの願いに寄り添い、受けとめ、手づくりの教育をしています。
 2010年11月には、20年に亘る教育実践活動が評価され財団法人博報児童教育振興会より「第41回博報賞(特別支援教育部門)」ならびに「文化科学大臣奨励賞」を受賞しました。
 見晴台学園には中学生から21歳までの子ども・青年たちが自分のペースに合わせ通学しています。基礎学力の獲得、芸術、自然科学、体力づくりなど、わかって楽しい授業や自立につながるさまざまな活動を通して自分らしく学び、小さくてもゆっくりでも一歩一歩、確実に成長できるようサポートをしています。

団体からのお知らせ

2017年4月8日  学園説明会 6月4日(日)10時~12時

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.