漢詩の購読・創作を通して一宮の漢詩文化の伝統を継承し、地域活動の発展に寄与し、また、会員間の親睦と交流を図る。

1.毎月第三土曜日に講師を招聘して漢詩購読の教室を開く 2.毎月第一火曜日に漢詩創作同行者による創作演習室を開き、作品の一具は年刊詩集「濤聲」に発表する 3.会員間の親睦と交流を図るための旅行や見学会を行う。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.