その土地に長く住んでいると、文化・風景が日常化し、自分の住む町の素晴らしさに気づくのが難しくなります。一宮も例外ではなく、一宮市民自身が一宮市の素晴らしさに気づいておらず、あまり誇りを持っていないようにも感じます。
一宮にも、素晴らしい歴史や文化、産業、街があり、人がいます。
いちのみや大学の講座のねらいは、市民がこうした一宮の良さに気づき、ここに住んでいることに誇りを持ち、より良くしていこうという意識を持っていただくことです。

いちのみや大学は、毎月1回ほど「一宮」をキーワードにした講座を開催しています。
一宮の歴史について、地元に残されていた古文書をもとに学んだり、地元のお店や企業など、一宮にゆかりのある方にお話をしてもらったり、ワークショップをしてもらったり、また、一宮の素敵な場所を訪問したりと、幅広い活動によって、一宮を学びます。
参加はどなたでもできます。興味のある講座の時だけでかまいません。
登録をしていただくと、毎月、これから開催する講座の連絡をメールかはがきで送らせていただきます。
その他、新聞や市民活動支援センター内のチラシでも広報をしています。

団体からのお知らせ

2017年4月3日  第109回講座「本を出版してみよう 自費出版について」

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.