団体からのお知らせ

つどい通信 2019年2月27日

「一宮子どもと教育を語るつどい」まであと4日となりました。

今年の講師は、鎌倉 博さんです。「きらめく子どもたち」といテーマでお話いただきます。
子どもたちをきらめかせるヒントがきっとみつかりますよ。

さらに、つなハピでは、スタッフ、会員さんと協力して「つどい」の準備を進めてきました。
鎌倉さんの講演の他にも、子どもと保護者と教師の語り合い「これって、どうなの?」というコーナーもあります。
このコーナーは、子どもの教育や疑問、悩みなど本音で話してもらい、みんなで考える。
その思いや悩みに共感し、つながり合うことを目的としています。

先日、息子が学力テストの結果を持ち帰ってきました。得点や苦手な項目が以前より細かく書かれていて、その子へのアドバイスと
思考力、知識・理解力といった項目でバランス図が印刷されています。、
毎回、同じようなコメントでいったいどんな問題で具体的にどこが苦手なのか、イマイチ伝わってきません。
しかも、「最後の問いには、勉強することは楽しいとか書けば、点数がよくなるんだよ。」と子どももわかっています(苦笑い)
まさに、「これって、どうなの?」と思った瞬間でした、

「つどい」では、子ども広場もあります。講演中、お子さんも退屈しないで過ごせます。
こちらでは、紙芝居、科学実験、工作、こま、けん玉、皿回しにも挑戦していただけます。

3月3日は、是非、「つどい」にお越しください!!

*「つどい」についてのお知らせがICCでも放映されます。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.