市民1人当たりの支援額(平成22年度)

今年度の市民1人当たりの支援額はこちら

この制度では、18歳以上のすべての市民が、自分が支援したい団体の事業を、「一定の金額の権利を持って」選択することができ、その選択結果を基に団体への支援金を算出します。 この一定の金額のことを「市民1人当たりの支援額」といい、選択を届け出る年度の6月1日時点の個人市民税額の1%相当額を同日現在の18歳以上の市民の数で割り戻して算出します。
※選択しようとする本人は、支援したい団体の事業を選択し、それを市へ届け出るのみで、直接「市民1人当たりの支援額」を支払うということではありません。

平成22年度 市民1人当たりの支援額

587

計算方法