高齢者から子どもまで、全ての一宮市民を対象にHula(フラダンス)を通して“姿勢を正す”・“正しい呼吸を学ぶ”ことで、健康な体を維持し、精神的にもリラックスした状態を保って、何事にも前向きな気持ちをもてる「心身の健康づくり」の提供を目的としています。

私自身10年ほどHulaをやってきましたが、年齢が高くなると舞台には出されなくなり、レッスンもどこかの痛みや体の疲れなどから見ているだけで舞うことがなくなっている。若くても膝が痛い、腰が痛い、好きなことをやっているのになぜ痛い!痛いと言っている人が多いのだろうと思っていました。ちょうど2年前私は、4tトラックにはねられ重傷を負いました。しかし、おかげ様でこのようにHulaを続けています。それは姿勢というものを考える勉強する時間を頂きました。姿勢にむきあうと、痛くない体重の場所を覚えるだけで体が軽く動きます。呼吸を大きく深くできるようになり体内と体外が循環をはじめます。Hulaはただ踊るだけのものではない、Hulaの姿勢で天地がつながり心も体もストレスフリーになれる、そんなことを一宮市民のみなさんに知っていただきたい。Hulaというツールを活用し、、生かされていることに感謝をし、姿勢や心や今の自分と向き合い、今できることをやっていくうえで自己免疫力が活性し、治癒力を自らの力で呼びさます。足育やカウンセリング、心のケアも行っています。リフレクソロジーロミロミを手技は学びました。介護の仕事もやっておりました。車イスの方、足の不自由な方いろんな方がおられますが、必ず今できることがあり、目の前に何かしらの目的を持っていただくことによって治癒力、やる気を上げていって頂き、楽しく前向きに自分らしく、楽しい仲間で輪になり、助け合い見守るそんな“輪”サークルをめざして活動していきます。小さな“輪”サークルから大きな市民の輪へ日本の輪にしていきます。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.