認知症になったとしても。介護する側になったとしても、人としての尊厳が守られ日々の暮らしが安穏に続けられなければならない。ききょうの会は「認知症の人と家族の会」と共に、ともに励ましあい助け合って人として実りある人生を送るとともに、認知症になっても安心して暮らせる社会の実現を希求する。

毎月第1木曜(変更あり)1時半から3時半、i-ビルで認知症の方を介護している方が集まり、話し合い、知恵を出し合って、早く混乱期を乗り越えるお手伝いをしています。年1回8月、市役所「認知症の人と家族の会」と共に「わかってちょうよ認知症」を開催し、多くの方々に来ていただいています。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.