白蓮空手はただ強い人間や技の上手な人間をつくるために創始されてのではない。本来の目的は、空手に修行を通じて健全な肉体と不屈の精神と人格向上させることにより積極的に行動していける勇気と情熱と見識と正義感にあふれた真のリーダーをつくることにある。肉体と精神の修行によって本当に自分が頼りとすることができる自己を確立し、同士互いに連携を深め、信頼の輪を広げていくのが本来の目的であり、武の意義と本質をよく理解し実践して自己を守り、他人を助けるための技術でありすばらしい人材を育成する。

総本部大阪を拠点に全国、海外に合わせて70支部あります。ジュニア交流試合は4月10月、全日本ジュニア大会は7月に大阪で開催されます。強化選手に認定されればユースセミナーに参加することができ、更なる強化を目指すことができます。一般部、壮年部、女子部の新人戦も5月にあります。研修会も年2回大阪であり、各支部の交流が楽しみでもあります。白蓮会館はWKO日本支部でもあり、4年に一度開催されますWKOワールドカップがあります。2016年11月13日に大阪でWKOワールドカップが開催され、この夢の大会に支部長の娘、平田真己が出場しました。このように老若男女みんなが修行できる白蓮開館であります。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.