高齢になっても、障害を持っても、すべての人が自立して社会で暮らせるよう、安心な「まちづくり」・「住まいづくり」・「地域づくり」の充実を考えます。課題の抽出とその解消を模索します。

街並みや大型店舗のバリアフリー調査、障害者住宅改善支援、バリアフリー紙芝居公演、バリアフリートイレ調査等々を行ない、暮らし空間のバリアフリーへの課題とその解消について、調査と研究を行ってまいりました。2014年12月、愛知県主催の“人にやさしい街づくり・地域セミナー”やさしい街へ「138バリアフリーツアー」を企画運営し、市内の交通機関4種類(鉄道(JR・名鉄)、バス、iバス)を利用して、4つの建物(大型量販店、市民会館、小学校、公共施設)までを往復する街歩きツアーを実施しました。避難施設としてのトイレの問題など様々な課題がまだ存在することに気づかされました。彼らの気持ちに寄り添い、共に課題の抽出とその解消及び情報発信を行なっていきたいと思います。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.