団体からのお知らせ

家庭と地域の復興交流会に参加しませんか 2019年5月31日

(1)少子化といじめ問題改善の検討
最近のいじめ問題増加の背景に、家庭で愛情の欠如した中で育ったことによる人格障害が大きな一因になっています。
また、少子化の一番の原因が結婚しない若者の増加にあります。いじめを減らし少子化に歯止めを掛ける一番の解決策は家庭が希望と安らぎの場になることではないでしょうか。そのためにも夫婦の正しい愛の在り方や嫁姑問題に代表される親子間の交流の在り方改善などを検討しませんか。

(2)超高齢化社会を乗り切ろう‼
 2025年問題をご存知でしょうか。団塊の世代が75歳を迎えるのが2025年で75歳を超えると認知症発生率が3.52倍に増加するという「国立長寿医療研究センター」発表の調査結果からも、このままだと介護施設不足からくる介護難民問題や高齢者自動車事故の増加など超高齢者社会問題が大きな社会問題となると予想されているという問題です。
 一番の対策は、高齢者の心身の健康寿命を伸ばし元気に生活できる環境つくりではいでしょうか。その為には高齢者が世代を超えた仲間と共に互いの不足を補い合えるコミュニティーを作り、社会貢献ができる「生きがい・やりがい」を見つけることが問題解決につながるのではないでしょうか。

そこで、i-ビル(一宮駅ビル)3階にある一宮市市民活動センターの小会議場を借りて6月27日(木)の13:00より茶話会による交流と検討会を計画しました。参加費無料で、当日飛込参加OKです。上記の課題を具体的に改善する市民活動を展開して地域に貢献する仲間を募集しております。関心を持ってくださった方は、まずは電話かメールでご連絡ください。お待ちしております。

ページの
先頭へ戻る

© いちのみや市民活動情報サイト All rights Reserved.